乳首黒ずみの原因に黒ずみケア解消に

乳首黒ずみの原因に黒ずみケア解消に

乳首黒ずみの原因に黒ずみケア解消に

乳首の黒ずみの原因について

乳首の黒ずみの原因はひとつではありません。加齢やアトピーなどによる皮膚炎、ホルモンバランスの変化が大きく関係しています。なかでも多いタイプは妊娠や出産を経験した女性のホルモンバランスの変化です。一般的に妊娠4週あたりからの乳首の変化がみられます。乳房が敏感になるにしたがって、次第に乳首輪が黒ずんできます。これはごく普通のことでエストロゲンとプロゲステロンの2つの女性ホルモンが影響しているためです。また授乳を開始するにあたり、肌を保護する働きをもつメラニン色素が活性化され黒ずんでくるともあります。所説ありますが、乳児が乳首を見つけやすいように色素が目立つという説もあります。デリケートな部分ほど黒ずみがおこりやすく色素沈着になるのも早いので、日ごろから適切なケアをすることが大切です。まずは外的刺激を極力さけるようにやわらかい素材の下着を選びましょう。また皮膚の乾燥、アトピー性皮膚炎による掻き壊しなどは肌にダメージをあたえてしまうので保湿剤などで保護をするように気をつけます。すでに乳首の黒ずみがあるかたは、美白成分が配合されたバストトップ専用のコスメをおすすめします。自宅にあるものでケアするにはヨーグルトの上澄みのホエーが効果的です。コットンにホエーを染み込ませ10分程経過したら洗い流します。

乳首の黒ずみをとる方法について。

乳首が黒ずむ原因は、紫外線や外的刺激から皮膚を守るために体内で生成されるメラニン色素が色素沈着を起こすためです。乳首はデリケートな部分ですので守るために黒ずんでしまいます。メラニン色素が生成される要因としては、加齢や妊娠出産によるホルモンバランスの乱れ、授乳やアトピー性皮膚炎などがあげられます。
乳首の黒ずみをとる方法はさまざまなものがあり、手軽に始められるセルフケアとしては、ビタミンC誘導体やハイドロキノンなどの美白成分の入った乳液やクリームを使うことによってメラニン色素の生成を抑制し、メラニン色素の排出がスムーズに行くような成分が含まれているものを選ぶことで黒ずみの改善が可能です。。また、専用のクリームやジェル、ピーリング剤などを利用する事でより高い効果が期待できます。
確実に改善したいという場合には、皮膚科や美容外科などの医療機関での治療がおすすめです。ハイドロキノンやトレチノイン酸などの効果の高い美白成分が配合された塗り薬を処方してもらうことができるほか、レーザー治療によって改善していく方法などがあります。
また、体の内側からケアしていくには肌のターンオーバーを整えたり、バランスの良い食生活をする、皮膚への摩擦を減らすことなどがおすすめです。


ホーム RSS購読 サイトマップ